旅日記5:サンティアゴ
2008.01.06.
“南米”のイメージとは少し異なる大都会サンチアゴ。
メトロや路線バスなど交通機関が発達していて、時間はちゃんとオンタイム。治安もよく(もちろん場所による)駅の出口ではビラ配りなんかもしていて、東京に戻ったようなある種の安心感があります。

朝も昼も食べれずこの日はひたすら寝ることに。
でもおなかは空いてくるもので、無性にどーしてもお茶漬けかうどんが食べたくなりました。弱った時はやっぱり日本食。
サンティアゴが都会であるおかげで日本食屋が存在し、しかもメニューにお茶漬けがあるお店を発見!その情報につられるように外出し、よろよろしながら一応ちょっとだけ街散策しました。
丘の上から望むたくさんのビル。
交通量の多さと四方を高い山に囲まれている地形のせいで、スモッグが問題になっているとのこと。たしかにぼんやり霞がかっており、見えるはずのアンデス山脈が見えません。

でも翌朝、まだ空気が濁らないうちにホテルの屋上にのぼると、ビルの向こうに雪をかぶったアンデスの山が見えました。


さて、お刺身が評判の日本料理屋へ無事到着。美味しそうな刺身・鮨には目もくれず「お茶漬けください・・・っ」
カタコトのウエイトレスさんは心の中で「いきなり締めのお茶漬けかよ」と思っていたかどうかはかわらないけど「ウメ?シャケ?」と優しくたずねてくれました。
このお茶漬けと、サンティアゴが都会でありいざとなったら病院もすぐ行けそうな安心感と、ホテルもよく胃薬も買えたことが幸いし、イースター島へ向けて着々と体調は回復していったのです。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2008/01/18 15:34 】
| 旅:チリ(Chile) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<旅日記4:再びのリマで悶々 | Home | -Photo- Santiago(サンティアゴ)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する(公開はされません)

トラックバック
トラックバックURL
http://surf.dtiblog.com/tb.php/214-cfc6860a
| Home |