Chicago: Day3
ユナイテッドセンターでバスケ観戦。CHICAGO BULLS(シカゴ・ブルス) VS Boston Celtics(ボストン・セルティックス)
応援するならそれなりに盛り上がらないとということで、オフィシャルショップでTシャツを購入。ちゃんと“Play Off”の文字入りです。チケットの「赤い服を着てくること」という指令も手伝ってか場内はチームカラーの赤一色。この試合がまたすごく見ごたえのある試合でした。接戦に次ぐ接戦で、2回のTime Over。そして勝利!久々に興奮を味わいました。

そのあとはみんなと別れ、別の友人達とお茶をし、空港まで送ってもらい、シカゴへの旅はおしまい。帰りの飛行機からはきれいなブルーの雲海が見えました。

 長いフライトの時は通路側の席をとるので、窓側に座るのは短いフライトの時だけ。なのでそんな時はずーっと外を眺めてしまいます。

Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!


  *Pictures of Chicago↓
Chicago
【2009/04/26 06:33 】
| 旅:シカゴ(Chicago) | コメント(0) | トラックバック(-) |
Chicago: Day2
AM11:00 シカゴ名物スタッフドピザ(ディープ・ディッシュ・ピザとも呼ぶそう)のお店で待ち合わせ。
 *Pizzeria Uno: 29 E. Ohio St.
予約が出来ないお店且つ人気店の為、開店同時に乗り込みます。そのおかげでちゃんと席を確保。でも30分後くらいにはほぼ満席になっていました。8人で3つのピザをオーダー。厚さ3cmくらいで生地の間に沢山の具が詰まっています。食べきれずお持ち帰りとなるくらいのボリュームでした。

食後は徒歩で市内観光。ビルは高くてかっこよて、洒落ていて、道はゴミなどが落ちていなくてきれい。整然としています。シカゴが住みやすい町上位ランクであることにちょっと納得。(冬を知らないから言えます。)

 あいにくどんより暗い曇り空。

 シカゴ観光のポイントの一つが建築美。右にある二つのおそろいのタワーはMarina City、別名トウモロコシビル。

 野外音楽堂などがあるミレニアムパーク。オバマ氏が大統領選勝利演説を行った公園。

午後になると曇りから徐々に雨へ。予約してあった16:00からの建築クルーズ(シカゴ川〜ミシガン湖をクルーズしつつ建築物やシカゴの街の解説をきくもの。$24)が始まるころにはついに本降りに。そして急激に、デッキに出ると震えが止まらず鼻の頭が赤くなるほどの冷え込みに。気温が25度から一気に5度まで下がっていたのです。もちろんコートなど持っていないのでそれはそれは寒かったのでした。



 ミシガン湖からの眺め。せっかくのビル群がすっかり雲で隠れています。雲ってこんなに低く垂れ込めるんだ。。もちろん青空の下でみたかったけれどある意味思い出になりました。

本当はこのあと、タワーに上ってシカゴの夜景を眺める予定でしたが、あまりの寒さと景色の悪さに断念。そこで、マンションのゲストルームで、食後にみんなで見る予定だった“The Dark Knight(バットマン ダークナイト)”の鑑賞会となりました。なぜこの映画かというと、シカゴの街がメインで使われているから。昼間の待ち歩き中も「このビルの屋上でバットマンが・・・」「この道路でバットマンカーが・・・」などバッチリ予習済みだったし、シカゴでシカゴの(映画の設定上は架空の街だけれど)映画を見ているということもあり、2倍楽しめた気がします。

ディナーはプライムリブのお店へ。やわらかくておいしくて大満足。
 *Lawry's The Prime Rib: 100 E. Ontario St.

ディナーの後は映画鑑賞の続きをして、急にみんなで行くことになった翌日のシカゴブルズ(Chicago Bulls)のプレイオフ観戦のチケットをネットで入手して、それぞれ帰宅。そんな2日目。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/25 12:17 】
| 旅:シカゴ(Chicago) | コメント(0) | トラックバック(-) |
Chicago: Day1
4/24 Fri. Flight: ATL⇔Chicago $190(Delta)

シカゴへ2泊2日の小旅行。在住の方2人、アトランタ・NYC・サンフランシスコ、それぞれから友人知人が集まり計8人。
夜ゴハンのタイミングを逸する時間帯のフライトなので、お弁当代わりにおむずびを作ろうと思いました。ふと冷蔵庫を見るとヤキソバが目に留まり、一緒にまぜちゃえーということでなぜかソバメシを作って持参です。空港までのMarta(電車)が途中で止まってしまったりしてハラハラ。さらに空港内で手土産などをかっていたらまた搭乗がぎりぎりになってしまいました。でも無事19:00のフライトに間に合いました。飛行機より:↓ミシガン湖畔沿いに高層ビルが集中しているところがシカゴのダウンタウン。


1時間27分かけてO'Hare(オヘア)空港に到着。電車があることを知らずにタクシーで友人宅のあるダウンタウンまで向かうつもりだったけれど、駅を発見したので電車でいくことにしました。


空港からダウンタウンまでは40分くらい。ぜひとも乗りたかったシカゴ名物の“L(エル)”と呼ばれる高架鉄道です。“Shall We Dance?”でリチャード=ギアが通勤で乗っていた電車です。ダウンタウンをループ上に走るLはまるで浅草花やしきのローラーコースターのよう。狭いビルの間を急カーブで走り抜けます。でもこのLoopの中は一駅区間がとても短くてすぐそこが次の駅。バス停並です。


泊めていただくお家は立地も眺めもすてきなところ。ミシガン湖(あまりに大きくて海みたい)のすぐ側です。
夜半、Jake Melnick's Corner Top に集合し、適度に飲み、解散。AM3時(ATL時間では4時)就寝。
そういえばシカゴではつい数週間前に雪が降ったそうですが、私たちが訪れたこのときは異常に気温が上がっており、薄での長袖(もしくは半袖)で十分なくらいの暑さでした。寒くなくてよかったねーなんて言っていたら翌日は大変なことに。
ひとまずこんな一日目。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/24 11:56 】
| 旅:シカゴ(Chicago) | コメント(2) | トラックバック(-) |
ピアノを教える
アトランタではやるつもりのなかった、ピアノ講師を今日からまた始めることになりました。今までもクラスメイトなどに頼まれたことはあったのだけれど、アメリカに滞在できる時間は限られているので、できるだけ自分の時間を優先したかったので断っていました。ではなぜ今回引き受けたかというと、ろっすぃの上司のお子様たちが生徒さん、という状況だからなのです。^^;
でも理由はそれだけではなくて最近徐々に考え方が変わったこともあるかも。アメリカにきてボランティアの多さを肌で感じたり、いろんな人に助けられたり、フリーで英語を学ばせてもらえたり、ありがたいことばかり。それらのことから自分も何かで誰かの役に立てるならそれをするべきだと思うようになりました。
聖歌隊として日常的に教会の人たちと関わっているせいもあるかもしれません。宗教観が変わったわけでも聖書を勉強しているわけでもないけれど無意識のうちに学ぶことも多いです。

四人兄妹のうち女の子二人に週一日一時間。みんな元気でかわいくて反応が素直で物怖じしなくて、この先楽しいレッスンになりそうです。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/21 11:07 】
| アメリカ生活:アトランタLife | コメント(-) | トラックバック(-) |
Class閉鎖
現在通っているDekalb Tech.の無料ESL。本校以外のいくつかの場所で開かれており、私の通っているのはラテン・アメリカ・アソシエイション(LAA)という施設の中。その分校が今学期を最後に閉校してしまうことになりました。今後LAAが独自で有料のELSをことになり、場所を間借りしていたDekalb Tech.は追い出される形になったのです。先生方は職を失うことになります。そして生徒達はDekalb Tech.の別の分校に編入することもできますが、雰囲気もだいぶ異なるうえもちろん先生も変わってしまいます。

その知らせがあった日に、私たちのクラスの先生がある提案をしてくれました。もし、自分のもとで英語の勉強を続けたいという生徒が一人でもいるなら、場所さえ見つけられればフリーでクラスを続けてくれるというのです。先生についていきたい人の挙手を募るとほぼ全員が手を上げました。これから場所さがしです。教会や図書館やアパートのコミュニティールームなど。先生は私が今まで習った中では一番いい先生。なんとか今後も続けられる場所が見つかるといいと思っています。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/20 10:56 】
| アメリカ生活:アトランタLife | コメント(-) | トラックバック(-) |
Miami&Key West: Day3


朝からエバーグレーズ国立公園(Everglades N.P.)へ。フロリダ州スワンプ(湿地帯)がとても多く、ここも大湿地帯。感想を一言で言うとするならばまるで天然の動物園でした。
最初のトレイル、アンヒンガ・トレイル(Anhinga Trail)。ここですでにかなり満足。

 水面をしずかにスーッと泳ぐアリゲーターたち。すごく間近で見れます。


 乗っかっちゃってますけど。


 この鳥、魚を捕獲するとこうして「とったどー」といわんばかりに空中に持ち上げたまま陸まで泳いでいきます。魚はなすすべもなくビチビチしています。上陸後、首を鞭のようにしならせて魚を地面に何度もバシンバシンとたたきつけて、そしてすっかり弱らせたあとに食していました。


 しばらくこのまま固まって羽を乾かし中。足がなんだかかわいい。


 雛たちにエサやり。羽の色は違うけど身体の大きさはもう同じくらい。


 うがー。


 気持ちよさげに抱き枕のように木にしがみついてお昼寝中。^^
これらのワニは全てアリゲーター。この公園にはほかにクロコダイルがいます。が写真にはうまく収められなかったので比較できません。

終点地フラミンゴ(Flamingo)に到着。この公園でランチ的なものが買えるのはここだけだと思います。レストランはなく、売店があるのみです。ここで約1.5Hのマナティに会えるかも知れないボートツアーに参加。



 水面は静かで鏡のよう。マングローブが豊か。


 Ospreyという鳥。残念ながらマナティには出会えませんでした。

さて、蚊がものすごいときいていたこの国立公園。ここまでは虫除け対策のおかげか被害はなかったのですが、マホガニーハンモックというジャングルのようなトレイルに行った所、ちょっと立ち止まっただけで耳元でうなるような蚊にまとわりつかれ。。アメリカ製とは言え、弱め(肌に優しい系)の虫除けは彼らには効果がなかったようです。でもこのシーズンはまだましなようで真夏はもっとすごいとのこと。

公園を後にし、空港へ向かいます。渋滞もなく、余裕をもって付近に到着。ではゴハンを食べようということになり、スペイン料理が食べたい!ということになりました。そういえばこの日はイースター。大きなモールも休業だったりするくらいなのでレストランも休みのところが多いのです。そんな中再びアイフォン君大活躍。近くのHollywoodという小洒落た街の、素敵なスペイン料理屋を探し当ててくれました。これが大当たりで、地元メディアにも取り上げられているお店でとっても美味しかったのです。本当はお店の名物はパエリア。でも作るのに40分くらいかかるということなので断念。フロリダのハリウッド、また訪れてみたいところです。
*La Barraca Tapas Bar & Cafe: 115 S. 20th Ave. Downtown Hollywood, FL 954-925-0050

空港にSさんを無事送り届け、帰路へ。途中フリーウェイでものろのろ走らなければいけないほどの大雨に降られたり、目の前の車がぶつかり合うのをぎりぎり避けられたりしながら約10.5時間かかり、結局家に着いたのは翌日(4/13月)の朝5:30でした。
そんなマイアミ&キーウエストの旅は、これでオシマイ。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/12 12:25 】
| 旅:キーウエスト・マイアミ(Key West) | コメント(4) | トラックバック(-) |
Miami&Key West: Day2
シュノーケルツアーを遅めの時間にしたのでホテルでゆっくり朝ごはん。昨夜のキーライムパイも、途中で箱ごと落とすというアクシデントに見舞われたものの美味しかったです。

 昨夜はいなかった豪華クルージング巨大船がホテル前の海に出没。いつかこんなクルージングの旅をしてみたいね等という話からじゃあ値段を調べてみようかということになり、Sさんのアイフォンを活かして調べてみたところ、マイアミ発〜カリブのいくつかの島に寄港するプランで$400台でした。意外とお安い?

シュノーケルツアーへ。2箇所のポイントを回るおよそ3時間弱のツアー。飲み物も用意されています。

 始めは曇っていたけれど徐々に晴れてきました。意外と揺れたので船に弱い我が家は酔い止め必須。(途中で追加投入。)最初のポイントで水が結構冷たいことを知ります。魚はまぁまぁいました。寒さに耐え切れず次のポイントでは恥を忍んで念のため持参していたボディボードの時に来ているウェットスーツを着ました。寒くない。^^そのおかげで楽しめました。みんな徐々に船に上がりだし、一人でぼーっと海底や魚達を眺めていたらなにやら足の速い大きな魚がすぐそばをスーっと通過。サメでした。水中カメラを持参していたので撮りたかったのだけど、泳ぐのが速くて間に合わず残念。でも見れてラッキー。つい興奮してしまいました。

海に入るとおなかがすきます。ランチをして、ぶらり街散策。
















 アメリカ最南端ポイント。空気が澄んでいるとキューバが見えるらしいけれどこの日は見えず。

ルート1のスタート地点。

キーウェストを後にし、本日の宿フロリダシティへ。出発の前にアトランタでいつもお世話になっている車屋さんに電話をし、もしかしたらこれで直るかもという方法を教えてもらったら、試行錯誤の末本当にエアコンがきくようになりました!(代わりにホーンはならなくなったけれど。)とても頼りになる車屋さんです。
再び7マイルブリッジを通り、キーズの途中でシーフードブッフェレストランへ。値段も安く地元民で賑わうレストランでした。そんな二日目。
本日の宿:フロリダシティのベストウェスタン。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/11 01:33 】
| 旅:キーウエスト・マイアミ(Key West) | コメント(0) | トラックバック(-) |
Miami&Key West: Day1
Atlanta → Key West: 830マイル(1,336キロ)


ロングドライブなので、行きは途中で一泊することにし、4/10(木)18:00に出発。しかしアトランタ市内で夕方の渋滞にはまり、この日の目的地Cocoa Beachについたのは深夜2時。

4/11(金):なぜココアビーチで一泊したかといえば目的はやっぱりサーフィン。でしたが、早起きしたものの結局波がドフラットで結局入水はせずに、近くのサーフショップ(なぜか24時間営業)をチラ見してからFt.Lauderdale Hollywood空港へ向かいます。そこでシカゴから飛んでいらしたSさんと合流。

まずは腹ごしらえと、マイアミのダウンタウンへ向かい、ガイドブックを元になんとなくよさそうと3人の意見の一致したレストランへ向かうとまさかの閉店。なので、第二候補のCoco Walkというココナッツグローブにあるモールの中のレストランでランチ。オープンテラスでのランチはやっぱり気持ちよい。空気はじっとり暑く、でも風は爽やかで、たくさんのパームツリーと観光客にマイアミらしさを感じます。
午後はマイアミビーチへ向かいましたが、道も人も渋滞。年齢層が若い気がします。車を駐車するスペースも見つけられず、しかたなく運転手(=ろっすぃ)は残して2人で下車しさーっとビーチを見てからまた拾ってもらいキーウエストへ移動です。

暑いといえば、運悪く車のエアコンが故障中。本当はこの旅の前に直してこようと思ったのだけれど、これまた運悪くいつもお世話になっている車屋さんが一週間お休みしていた為、直して来れなかったのです。そんなわけでマイアミの暑さを思う存分身体で感じることができたのでした。

Keys(キーズ)〜Key West(キーウエスト)への道は、島々を結び海の上を結構走るかとイメージしていたけれど、実際はキーラーゴ他島々は結構大きく、海の上を走る距離はそんなに長くありませんでした。
ちょうどセブンマイルブリッジ手前の小さい駐車上に車を停めた頃に日が海に沈みかけました。その時間帯のせいか、駐車場はまたたく間に満杯に。

ゆっくり海に沈みゆく夕日





Seven mile Bridge

すっかり日が沈んでからキーウエストに到着。島の西側、メインストリートはとても賑わっており、じっとりした暑い夜の空気とにぎやかさとお店やバーの明かりがバリを彷彿させます。その道をゆっくり走りぬけて、ウェスティンにチェックイン。ウエスティンは島の中ではかなりいい場所に位置していました。3人なのでツイン・ダブルベッドで予約をしたはずがワン・キングベッドになっていました。Sさん、エクストラベッドになってしまいすみませんでした。。

一息ついてから夜ごはんへ。その途中で見つけた路上のツアーデスクで翌日のスノーケルツアーを申し込みました。ネットで見つけた似たようなツアーに比べると多少安かったです。気のいいおじさんでした。
ディナーではキーウェスト名物のコンクチャウダーを楽しみにしていたものの、コンク貝は現在捕獲禁止になっているらしく、それと関係あるのかないのかフライしかありませんでした。あまりに小さく刻まれてフライに練りこまれている為、食べたような食べた気になっただけのような、でも美味しかったですけれど。そして次の名物、キーライムパイ。おなかが一杯だったのでお持ち帰りに。そしてホテルに戻りプールサイドのベッドチェアーで食後のお昼寝(夜だけど)。夜風がとっても気持ちよかったです。でもなんだかおしりが冷たい・・・と思ったらイスが濡れていたらしくすっかりしみてしまいました。
そんな一日目。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2009/04/10 18:53 】
| 旅:キーウエスト・マイアミ(Key West) | コメント(0) | トラックバック(-) |
| Home |