Gold Coast:Day4-5
2010.5.2 Sun.

この日も日の出前起床。6時にホテルを出て車でCurrumbin(カランビン)へ。
午前中の光の中で見るここの海と波はこれまたきれい。昨日より混んでいる。

 乗り過ぎ


潮が満ちているのであまり近い岩場には行けなかったけど、やっぱり楽しい。日が昇につれて強烈な日差しが肌を刺しイタイ。それでもまたずーっと立ちっぱなしで結局2時間超写真撮ったりしつつサーファーを眺めていました。








さらに南下して、本来行こうとしていたSnapper rocks(スナパー・ロックス)へ行ってみました。道に迷いつつたどり着いたのは Coolangatta(クーランガッタ)というエリアのGreenmount(グリーンマウント)〜Rainbow Bay(レインボー・ベイ)。

ここもほんっとうに水と波がきれい。入りたい、入りたいとウズウズしてしまうほど。かなりのロングライドが楽しめます。それに広いからカランビンほど混んでいない。そして遊歩道があって上ってゆくとSnapper rocks(スナパー・ロックス)が見えます。こちらはやはり混雑。でもここで上手く乗れば、ずーっと、Kirraというあたりまで2km近いロングライドが出来るそう。本当にきれいに割れています。あぁ入りたい。。。

さて腹ごしらえ。このあたりはビーチ沿いにカフェやレストランやショップが立ち並んでいていい感じ。またケバブを食べました。好きなの。


いつかまた入りにこようと誓い、後ろ髪引かれる思いでビーチを後にし、ブロードビーチのPacific Fair(パシフィックフェア)というショッピングセンターへ。母の日のプレゼントやなぜかガウンなど購入し、夕刻レンタカーを返しました。
その後ろっすぃは目の前のビーチへ、私は街散策へ。せっかくオーストラリアだしJurliqueでも買おうと思ったけれど結局買わず。

最後の夜は、やっぱりオージービーフでしょとステーキのお店New Daniel's Steakhouseへ。日本人率高し。(そう言えばGWだというのに海でもレストランでもこのお店以外ではあまり日本人を見ませんでした。)前菜やパンなど頼まなくても、ステーキとその付け合わせで十分お腹いっぱい。久しぶりに肉らしいお肉を食べました。

翌朝午前発で日本へ帰国。5日間実質3日間はあっという間。帰りのフライトはなんだか疲れてしまい成田についてもかなりぐてぐて。翌日も終日気分が悪くぐてぐて。滞在中は体調も悪化しなかったし、ゴハンも普通に食べれたのに、やっぱり気分が違うと体も変わるんだなーゲンキンなものだなーと我ながら思いました。でも行ってよかった。しばらくはあの海の残像を糧にがんばれそうです。

おしまい。

5Days
Jet Star
Holiday inn Hotel
Total: 171,680



*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→

ーーー追記ーーー
ひとつ失敗をした。
帰宅後、ふと冷凍庫を開けようと手をかけたところ、いつもあるはずの抵抗がなくスッと引き出しが開いた。
まさかと思って中のものを調べてみると、半解凍状態。。。
どうやら冷凍庫の扉がちゃんと閉まりきっていない状態で旅行に出かけてしまったようなのでした。(><)
【2010/05/02 15:13 】
| 旅:ゴールドコースト(GoldCoast) | コメント(0) | トラックバック(-) |
Gold Coast:Day3
2010.5.1. Sta.

5:45起床。バルコニーから海から上る日の出を眺める。刻一刻と変わる雲や空の色が本当にきれいで、結局6:30くらいまでそこで写真を撮りつつ空と海を眺めていました。東海岸は朝日が素敵です。


ろっすぃはサーフィンへ。私は窓を開け放ったまままた眠る。風が気持ちよくて波音が聞こえて、そんな中でごろごろ眠ることは至福です。

部屋でクロワッサンとコーヒーで朝ゴハンし、10:30頃波乗りから帰って来たろっすぃとバスに乗ってハーバータウンのアウトレットモールに行ってみました。バスはゾーン制で、片道$4.7くらい。30分くらいでハーバータウン着。

アウトレットモールだけど食品もあり。

ロングワンピなどをgetし、Pumpkin Patch(パンプキンパッチ)でまだ性別もわからないのにBaby服を物色。ランチにケバブを食べて、14:30頃またバスで帰宿。バスはバス停が表示されたりアナウンスされたりしないので、ちゃんと景色や地図を見ていないと降り損ねてしまいます。

昨日紹介してもらった Advance Car Rental へレンタカーをしに。カリムを借りました。「満タン返しね」と言われたけれどメモリを見ると現時点で3分の2くらいしか入っていません。そう告げると「じゃあそのくらいにして返して」とかなりテキトー。(実際そのくらいにして返し、違う人が対応したけれど何も言われませんでした。)
運転ルールは日本と同じ左側通行。道も簡単。ガイドブックに乗っている超広域地図以外地図は持っていませんでしたが全然大丈夫。
空港からホテルへ向かう時にろっすぃが見つけた河口リバーマウスのポイントへ行ってみました。そこは Currumbin(カランビン)というポイント。

Fの場所よりもっと先端
すーっごくいいところ!水がきれいで、河口から海へつながる部分は遠浅で、手前は子供連れサーファーや女子も多く楽しげで(でも混んでて危ない)、奥の岩場付近は上手いサーファーで混み混み(オーストラリアもちょうど三連休なので)だけどすごくいい波。セットで頭〜オーバーヘッドくらい。水温は温かいそうでタッパーで十分とのこと。

これは翌朝の写真だけどこんなところ


私は波しぶきかかる岩場まで行って見ていたけれど、ブレイクポイントを目の前に見る事ができて最高に楽しくて、写真も撮りまくり。

日が落ちて来て夕暮れの空も、遠くに見えるサーファーズパラダイスのホテル群も本当にきれいで、飛行場側なので頭上を行き交う間近の飛行機も楽しくて、ブリスベンからきた同じく写真好きな人に写真を撮ってもらったりしつつ、暗くなるまでそこで立ち続けていました。


夜は Main Beach の方へ北上し、シーフードイタリアン Beluga Seafood Restaurant & Bar へ。このエリア一帯はサーファーズパラダイスと違ってお洒落なオトナな雰囲気でした。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→
【2010/05/01 18:05 】
| 旅:ゴールドコースト(GoldCoast) | コメント(2) | トラックバック(-) |
Gold Coast:Day2
2010.4.30 Fri.

ゴールドコーストは乾燥しているけど気温はとても快適。朝晩は長袖、昼間は25度くらい。
町並みはいわゆるビーチシティという感じ。住みたい・・・。LAやフロリダと変わりませんが、緑がもっと濃くて自然豊かな印象です。「コアラ飛び出し注意」の道路標識がありました。

10時ごろ Holiday inn Surfers Paradise Hotel に到着。
アメリカで何度となくお世話になったホリディ・イン。モーテルの印象しかありませんでしたが、ここでは立派な「ホテル」です。しかも立地良し。
アーリーチェックインは申し込んでいなかったのですがフロントに聞いてみると「お部屋ご用意できています」と。オーシャンビュールームで申し込んでいたのですが運良く最上階(22階)で、バルコニーからの見晴らしはとても気持ちよいものでした。↓こんな眺望。



早めのランチに近くの Gold Coast Shark's Fin & Chinese Restaurant へ飲茶を食べに。時間が早すぎたのかガランとしていて一瞬不安に。でも普通に美味しかったです。飲茶はどこで食べても大抵安くて美味しいので好き。ちなみにここはワゴンがきて選ぶ方式ではなくて、メニューを見て注文する形式。

食後、サーファーズパラダイス中心地にあるサーフショップ Rhetoric へ。日本人スタッフのカズさんとポイントのことや波情報など話すうちに、やっぱりレンタカーしたい欲がムクムク。ゴールドコーストは延々60km近く続くビーチなので、どこでも入れるのですがやっぱりいいところに行きたい。ただ、事前に調べたところレンタカーの空きがなかったので諦めていたし、国際免許も取ってこなかったのですが、日本の免許でも貸してくれるところがあるとのことで紹介してもらいました。
早速連絡してみると一応車の空きがあったようで、翌日午後から1.5日レンタカーすることにしました。
とりあえず今日はサーファーズパラダイスで入る事にしたので板を借りて、周りを少し散策してからビーチへ。



この日は強風。私はもちろん今回はおとなしく見学なのでビーチに座ってぼーっと眺めていたのですが、寒いし風で砂が吹いて痛い。波はそこそこあったけれどダンパー気味で、そこで入っているのはろっすぃ一人。しかもかなり沖まで行っちゃうし流れはあるし、サメもいる(かもしれない)し、万が一なにかあったら私が気づいてあげない限り彼は死んじゃうかもと思って一生懸命目をこらして姿を追えど、遠すぎるのと今の眼の障害から視力が低下していることもあってよく見えないし、疲労困憊。
お腹も張ってきてしまったので無理はよくないと判断し、あっさりろっすぃを見捨て、先にホテルに戻りました。(ろっすぃは日暮れ後ちゃんと帰ってきました。)

夕刻近くのシェブロン・ルネッサンスという一角の中にあるcolesというスーパーで牛乳やジュースやパンを購入。そのスーパーのかわいいエコバッグがあれば買おうかと思っていたけれど、あんまりかわいくなかったので買わず。

夕食は、美味しいと評判のクラウンタワーリゾートホテル内の Chiangmai Thai(チェンマイタイ)へ。雰囲気もよく美味しかったです。が、つい食べ過ぎてしまって後悔するはめに。
元々胃下垂体質なのですが、妊娠してから胃が上に上がったようで、どこまで食べられるかわからず量がうまくコントロールできないのです。普段なら大丈夫と思ってパクパク食べてしまうと後からお腹の上の方、今まで経験したことのない場所が尋常じゃないほどパンパンに膨らんで固く張ってしまって、苦しくて苦しくて気持ち悪くて、もはやつわりだか食べ過ぎだかわからないけれど(いや明らかに食べ過ぎであろうが)とにかく動けなくなってしまいました。レストランを出たホテルのロビーで数十分休んで、ようやくホリディインまで帰れました。(せいぜい歩いて5分なんだけど。)

明日は日の出を見たいので、22時過ぎに就寝。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→
【2010/04/30 17:15 】
| 旅:ゴールドコースト(GoldCoast) | コメント(0) | トラックバック(-) |
Gold Coast:Day1
2010.4.29 Thu.

今日からゴールドコーストへ。眼が痛くたって妊婦だって、キャンセルはしたくないので強行出発です。3月に友人の結婚式参列のためハワイ行きを予約していたのですが泣く泣く直前キャンセルをした経緯があるので、今回はどうしても行きたかったのです。
夜発のフライトなので準備がらくちん。ジェットスターは各席モニターがないので暇かもしれないし、最悪具合が悪くてホテルで寝ていることもあるかもしれないので、本を6冊も持参。いつもの浅田次郎と江國香織と宮本輝など。それでもたったの5日間なので大きなスーツケースではなく小さいごろごろで。
GWの割に夕方のせいか成田空港はそんなに混雑していません。Jet Star 航空は基本食事なし。オプションで申し込むことで、食事付きや飲み物付きなど選べます。今回は旅行会社を通して申し込んだので、食事付き、飲み物付きになっていました。ちなみにそのプランだと、ブランケットやイヤホンやアイマスクももらえます。(もらえないかと思ってブランケットを持って行ったのに使いませんでした。)
20:25発、翌朝6:55着。時差は1時間。時差が少ないとほんとに楽です。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→
【2010/04/29 16:34 】
| 旅:ゴールドコースト(GoldCoast) | コメント(0) | トラックバック(-) |
| Home |